口臭する前に舌もブラッシングして舌苔を取り除きましょう

口臭の種類にもよりますが、舌苔がニオイの原因の8割以上となっている方は意外と多いです。毎食後にしっかりとブラッシングをしてキレイにしているのに、すぐにニオイが発生するという方がいますが、こうした方は歯よりも舌に原因があると考えてみましょう。1日1回しか歯磨きをしなければ歯垢が溜まってニオイを発生させますが、1日2回以上磨いているのに口臭が強いなら舌苔が原因の可能性が高いです。
舌を見て白色・黄色の物質が付着しているようなら、歯磨きするときに舌もブラッシングしておきましょう。歯ブラシを使用すると舌を傷つけやすいので、舌専用のクリーナーを使用するといいです。優しく磨いて舌苔を落とすことで、口臭の原因を除去してくれます。

口臭には様々な種類があり、原因にマッチした対策をしないと解消しません。胃腸が弱いという方は胃腸から酸味を帯びたニオイを発することがありますが、胃腸の調子がよいなら歯や舌にニオイの原因があると考えてみるべきです。ニオイ対策で重要なのは、ニオイが発生してから対策するのではなく、発生前からケアしておくことです。
無臭を維持するのは不可能ですが、無臭に近い状態を維持するための工夫はしましょう。細菌がニオイの原因になるのは確かなので、これを除去することは大切です。マウスウォッシュを使用するなら、歯磨きをして舌苔も除去してからにしましょう。

硬い食べ物をあまり摂らない方は、舌苔が付着しやすくなります。やわらかい食べ物は舌に付着しやすく、落ちにくい性質があります。うがいをするだけでは完全に除去できないので、こまめに舌ブラシで磨いておきましょう。ただ食後の状態ではあまり付着していないことが多いです。
食事を摂ることで舌苔も一緒に除去されてしまうためで、食後から少し時間が経過してから発生することが多いです。そうした場合は付着を確認してから舌ブラシを使用して落としていくといいでしょう。口臭が気になる前に落としてしまうのがコツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です