口臭の臭いの原因と対策

女性は男性よりも匂いに敏感になりがちですが、そんな女性が悩む臭いの一つに口臭があります。特に30代以降の女性を口臭を生じやすく、悩んでいるという方もいますが、そんな原因や対策についてご紹介します。
まず、女性の口臭には女性特有の性質が関係しています。それはストレスと生理です。まず、30代以降は育児や仕事に追われやすく、精神的にも身体的にもストレスを抱えやすくなっています。人はストレスを感じると交感神経が興奮して、心身的にリラックスしにくくなります。すると消化器系は消化が十分にできずに消化不十分になって胃腸に負担をかけたり、口内の唾液分泌が減少して乾燥してしまいます。「緊張すると喉が乾く」と言いますが、これは実際にある生理現象なのです。すると人の舌や口内に存在する細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。この細菌繁殖により口臭が発生してしまうのです。そのためこのような症状に対してはストレス発散をして溜め込まないようにしたり、口内が乾燥しないように口の中を潤しておくことをおすすめします。
そして二つ目の原因が生理による発生です。女性は生理になると体内のホルモンバランスが変化して体調不良を起こしやすくなります。そして生理中は体温が上昇するため、口内が乾燥しやすくなりま。さらに女性ホルモンの減少により免疫力が低下して細菌が繁殖しやすくなるため、口腔内で細菌繁殖が進み、口臭を発生してしまうのです。このような生理中の口臭対策としては細菌繁殖を防ぐために、免疫力が低下しないよう気をつけることです。具体的にどうすれば良いのかというと、栄養バランスのとれた食事を心がけたり、睡眠を十分にとるようにすると免疫力低下を予防することができるので、口臭予防になります。
このように女性の口臭の大きな要因にはストレスや生理が関係しています。そのため予防・改善するためには自分なりのリラックス法をしたり、口が乾燥しないよう飲み物を持ち歩いたり、免疫力が低下しないよう食生活や生活習慣に気をつけることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です