口臭が臭くならないようにするために予防

口臭が臭くなるのは、口内環境が悪くなっていることが考えられます。口臭予防のためには常にすこやかに保てるよう、チェックを欠かさないようにしなければなりません。

虫歯や歯周病になっている人は、それだけ菌が繁殖しやすい環境になっていて、菌が口臭の原因となる物質を生み出してしまいます。歯磨きが不足していたり雑な磨き方で食べかすが残っている状態、とくにプラークは菌の塊で構成されているため、毎日の歯磨きでとれない場合には、早めに歯科クリニックで除去してもらうべきです。歯石を取り除いてもらったり、歯周病の炎症を早期に治すことも口臭予防には必要なことです。あまり状態がひどくないからと放置しないで、その都度対応して行きましょう。

口内に雑菌が繁殖しやすいのは、唾液の分泌量が低下している可能性があります。口の中が酸性になっている状態を中和したり、初期の虫歯程度なら回復させる能力も唾液にはあります。唾液には免疫物質も含まれているので、ある程度の菌であれば退治してくれます。

唾液が少ない人は、口の中が乾燥すると雑菌の繁殖が増えるため、水やお茶を時々飲むようにして乾燥を防ぐ方法があります。ガムやタブレットを食べるようにすれば、唾液の分泌を促すだけでなく、緊急的な口臭予防になって、周囲に嫌なニオイをさせません。

舌が真っ白くなっている人は舌苔がついている状態で、これも口臭の原因になることがあります。舌が健康的だとピンク色で、白くなっているのは、汚れや菌などが付着している状態です。舌ブラシが市販されているので、それを使って奥から手前の一定方向にこすります。力を入れすぎると舌を痛めてしまうので、力の加減が必要です。1日に1回だけ汚れが取れるまで行えばよく、朝昼晩3回も行う必要はありません。しつこく舌を磨きすぎると、痛めるだけでなく味覚などにも影響することがあります。

自分の口内の状況を確かめるため、たまには鏡などで歯の裏側や奥歯などもチェックしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です