口臭の原因

日常生活で人間関係に大きな影響を及ぼす口臭は、なかなか他人から指摘されない部分でもあります。
もしも何かの拍子に自分の口臭が酷いのではと感じたら、口臭の原因を探り、その臭いの原因と予防の把握を行い、具体的な改善に努めましょう。
口臭の種類としては、単純に少し前に食べたばかりの食事の臭いから、歯茎や歯に異常があることが原因の病理的な臭いまで幅広くあります。
前者の食事を理由とした口臭では、仕事や学校がある平日の朝食などは、なるべく臭わない料理を選ぶといった工夫でも十分な効果を得られます。
食後に口臭予防のケア用品でうがいをすることで、臭いがしやすい食事であっても、すぐにクリーンな口腔です。
後者の口の中に異常があることでの口臭については、歯科医院で専門的な治療を受ける必要があります。
市販されているケア用品でも一時的に口臭をごまかせますが、そもそもの口臭の原因が解決されていなければ、またすぐに再発してしまうので要注意です。
虫歯などの進行していく病気を放置しておくと、内部まで到達してしまい、大変な事態にもなりかねないので、違和感があったら早めに歯科医院で診てもらいましょう。
臭いの原因と予防では、日常的な歯磨きやうがいを正しく行うことに加えて、信頼できる歯科医院で定期的に歯のチェックと治療を受けることが大切になります。
自分では適切な対応をしているつもりでも、専門家から見ると間違っているケースが多く、口臭の原因を探る意味でも、かかりつけの歯科医がいると安心です。
たとえば、歯磨きが不十分なことで食べかす等が残りがちな場合は、その残ったものを栄養にして雑菌が繁殖しやすく、結果的に口臭につながってしまいます。
原則的に口臭の原因は口腔内に生息している雑菌だから、歯磨きを正しく行うだけでも、かなり改善する事例が多く見られます。
実は、唾液には強い抗菌作用があるので、普段の食事でよく噛んで食べる行為も、口臭の予防に有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です