口臭が臭いと言われたら・・・

「話していると人が不快な顔をする」という状況になったときには、もしかして口臭」がしているのかもしれません。
口臭の原因はいくつか考えられます。
まずは、口の中が乾燥することによっておこるものです。
仕事や日常生活において緊張が続きストレスを感じることが多かったり、コーヒーやお茶などを飲む、甘いものを食べる、喫煙が要因となります。
次に口の中の汚れが残ることによっておこるものです。
例えば、舌苔がたくさんあったり、歯周病や虫歯がある、食べかすがある、扁桃腺に臭い玉が残っているというときです。
臭い玉とは扁桃腺の表面にある「せんか」とよばれる小さな穴に死んだ細胞や食べ物のカス、新陳代謝ではがれた粘膜上皮の細胞のことです。
この塊が強烈なにおいを発します。
三つめは、体調不良や免疫力低下によっておこるものです。
風邪をひいていたり、胃炎や胃潰瘍を患っていることで症状が強く出る場合があります。
自分の臭いは気が付きにくいものですので、知らず知らずのうちに周りを不快にしていることがあります。
「もしかして、口臭があるのかな?」と感じたら、マスクを鼻まで覆って付けてみましょう。
マスクを鼻まで覆うことで自分の吐く息が鼻に入りやすくなり、自分の口臭を自覚することができます。
自分自身で口臭を感じ取ることができたら、改善のために口臭対策が必要です。
口の中が乾燥しやすいことが原因の場合には、こまめに水分を摂取しましょう。
また、虫歯や歯周病などのお口の中の病気が原因の場合は、その疾患を治療すること口臭が改善します。
また、「舌苔」をとることもおすすめです。
ドラッグストアやスーパーなどで舌を洗浄できる専用の「舌ブラシ」が販売されています。
こちらを使用して、定期的に舌苔を取り除くとよいでしょう。
磨きすぎるとそれもまた臭いを促すことになるので、磨きすぐには注意が必要です。
口臭の原因は人によって様々です。
ですから、自分の口臭の原因を知りそれに合った改善方法を用いることが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です